2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
愛知県動物保護管理センター
シーズーの引取りの人達が去った後も、外にいて犬(もちろんばん君です)を連れて残っている私が気になったのでしょうセンターの職員さんが近づいてきました。せっかく来たのでお話しました。
ショックなことが、一つ。定点回収やっているそうです。聞いたことがなかったので愛知県はないと思っていました。残念です。
その他、わかったことです。
・西尾市には野良犬がいる。
・殺処分時眠るようにとはいかず、頭をふるふるとさせてから伏せていく。
・ボランティアで手伝いをしたい場合は「しっぽいっぽの会」か「わんにゃんサポートクラブ」所属であること。
・東海動物霊園とは何も関係がない。
たまたま会った方との話なので、もしかしたら3つ目は違うかもしれませんね。
前回見学に訪れた時の担当の職員さんは、殺処分時眠るように死んで行くように見えると言っていました。人それぞれのとらえ方の違いはあると思いますが、不信感はありますね。

今日は外の囲いの中に2匹出ていました。黒いテリアは支援犬(アニマルセラピー)になるそうです。白い雑種の犬は繋がれていましたが、お散歩?でしょうか。この子達は処分を免れた幸運な子達です。
疑問なのですが、譲渡対象として残したはいいけれどずっと残ってしまった子はどうするのでしょう?
全てがボランティア団体で支援犬になれるわけではないですよね、きっと。
また聞くチャンスがあったら聞こうと思います。猫は譲渡の3倍は残していたという話を以前聞きました。
520匹位が残ったということになります。保護できない数ですよね…。とするとやはり処分されたのでしょうか。

話は変わるのですが、2011年が動物愛護の法律の改正年らしいです。
ちらりとネットで見かけただけですが、何か出来ることはないかと思っています。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

雪ノ下YUKI

Author:雪ノ下YUKI
わんこの一時預かりから里親になりました。日常を綴っていきます。模索中ですが出来れば地元のわんこを助けたいと思っています。他、わんこに関することをなんでも書きます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
犬用車いす制作します。
arobaroTOP 相互リンクしてね
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。