2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【震災】呼びかけ2
ばん

ネット上の情報から餓死している動物がたくさんいるそうです。
けれど、生きている動物もまだまだいます。
ボランティアでは限界です。
政府に動いてもらわなければ、多くの命は救えません。

危険であるなら、「ペットを連れて避難してください」と指示をするべきです。
避難所、仮設住宅では区分けをして共存できるようにするべきです。
動物専用の移動車両を用意するべきです。
動物の収容施設も用意するべきです。
一旦そこへ全動物を引き上げて、そこから緊急災害時救援本部やボランティアへ託せないのでしょうか。
全国の自治体にいる獣医師を各自治体より1~2名現地へお願いできないでしょうか。
全国体制でもっと大きくボランティアを呼び掛けることができないのでしょうか。
そしてレスキューされて全国の預かりさんへ行った子を協力獣医師に見てもらえるといった体制はとれないのでしょうか。
原発避難区域に民間ボランティアが入らなければならないような状況っておかしくないでしょうか?
自衛隊なりが動物を全頭一斉に引き上げれば、一般市民が東電の状況がよくわからない不安な中動物を保護しに行くこともありません。

今、もっとも過酷な状況に置かれているのは人間ではなく、動物です。
犬だから大丈夫?強い子もいれば弱い子もいます。犬は人間が作り出してきたものです。
自然界での生き残りではありません。
行方不明の方の捜索も遺族の方のお気持ちを考えると早く見つけてあげてほしいですが、
10万人以上自衛隊なるものがいるのであれば、
その一部の方々を今生きている、ほかっておけば消えてしまう命を救うために動かしてもらいたいです。
そういったことを可能にするには、上から命令が下りなければ出来ません。

そのために声をあげましょう!!


======================================================================================
すみませんが、アドレスはコピペでお願いします。

転載元です。許可を得ています。
小さな命に厳しい日本を正そうプロジェクト


↓以下転載記事です。

福島避難区域 原発20キロ圏内 取り残された動物達にフードを!

人間だけ助かればいい、そんな弱い命を見捨てる国に、未来なんてない!

例えば、三日に一回でもいい、取り残された家畜や犬猫、野良の為に、各地域に餌を置いてくる事は出来ないのか?

自衛隊が、動物達にフードを運べる緊急特別措置法が出来てもいいと思う。 

原発は長期化しそうです。 とにかくたくさんの見放された命の為に、政府、各党、マスコミに一人でも多くの声を!

○ 政府各党
内閣府 意見ページ https://form.cao.go.jp/cao/opinion-0001.html  

民主党 意見のページ https://form.dpj.or.jp/contact/

防衛省 意見ページ https://sec.mod.go.jp/mod/goikenshinsei/goikenbako/index.html

自民党 意見のページ  http://www.jimin.jp/jimin/goiken/index.html

公明党 意見のページ https://www.komei.or.jp/contact/


○ メディア
CNN http://www.cnn.co.jp/info/faq/

ニュースゼロ トップページ 意見、情報提供(左下) http://www.ntv.co.jp/zero/

報道ステーション 意見ページ http://www.tv-asahi.co.jp/hst/opinion/index.html

FNN スーパーニュース 番組メッセージ http://www.fujitv.co.jp/b_hp/supernws/index.html#message

ニュース23 意見、情報提供 http://www.tbs.co.jp/news23/mail/index-j.html


○ ジャーナリスト 山路徹さん
現地で救済活動している山路徹さん ツイッター http://twitter.com/yamajitoru



スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

雪ノ下YUKI

Author:雪ノ下YUKI
わんこの一時預かりから里親になりました。日常を綴っていきます。模索中ですが出来れば地元のわんこを助けたいと思っています。他、わんこに関することをなんでも書きます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
犬用車いす制作します。
arobaroTOP 相互リンクしてね
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。